Pocket

アミノ酸系ノンシリコンシャンプーで人気の「いち髪」の成分を解析します!

「ノンシリコンだし髪によさそう」

「アミノ酸系シャンプーは髪に優しい」

「いち髪は評判もいいし安心」

こういった理由でいち髪を選ぶ人は非常に多いかと思います。

確かにいち髪は評判も良く、コストパフォーマンスの悪くないシャンプーです。

しかしいち髪にはあまり知られていない成分やデメリットがあるのを知っていましたか?

これからいち髪を試そうとしているあなた、現在いち髪を使っているあなたは要チェックですよ!

最後までお見逃しなく!

いち髪の成分解析!シャンプーの成分一覧

まずはいち髪の成分一覧をご覧ください!

いち髪なめらかスムースケアシャンプー成分一覧

水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸TEA、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、コメヌカエキス、コメエキス、ボタンエキス、ラカンセア/加水分解コメ発酵液、コメ胚芽油、サクラ葉エキス、ツバキ種子エキス、ヒオウギエキス、ムクロジエキス、塩化Na、クエン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、BG、エタノール、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

パッと見てもよく分からないと思いますので、要チェックな成分を解説していきます!

※いち髪は

なめらかスムースケア

ふんわりボリュームケア

W保湿ケア

の3種類がありますが、実は洗浄成分は全て同じなのでここではスムースケアの成分を取り上げます。

ラウロイルサルコシンTEA・・・いち髪3種類全てに使用される主な洗浄成分です。アミノ酸系の洗浄成分の中では洗浄力・刺激が強く、髪や頭皮に残りやすい特性もあるので、頭皮のかゆみや炎症の原因となる可能性もあります。

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン・・・ヤシの実などから作られる洗浄成分です。刺激が弱く泡立ちもそこそこな成分ですね。洗い上がりに髪がキシむのを多少防ぐ効果もあります。

コカミドメチルMEA・・・泡立ちを良くする成分です。ヘアワックスなどスタイリング剤のついた髪でもシャンプーがしっかり泡立ちます。しかしスタイリング剤を使っていない髪に使用すると泡が頭皮に付着し乾燥や炎症に繋がる場合もあります。

これらがいち髪の主成分ですね。

アミノ酸系シャンプーなのは間違いないのですが、髪や頭皮に優しいかというと微妙な成分が並んでいますね・・・。

美容成分も一応含まれていますが、ノンシリコンで洗い上げるにしては物足りないと言わざるを得ません。

しかしドラッグストアなどで600円程で購入できるシャンプーとしては悪くないと思います。

刺激が強いとされる石油系シャンプーと比べれば、はるかに良いシャンプーと言えるでしょう。

いち髪の成分解析結果

いち髪の成分を見てみたところ

アミノ酸系シャンプーにしては刺激が強い

ノンシリコンなのに美容成分が少なくて髪がキシむ可能性が高い

この2点が非常に気になりました。

なのでオススメできるかできないかと聞かれると、オススメできないシャンプーですね。

確かに市販のシャンプーとしてはコストパフォーマンスも悪くないのですが、髪が余計に傷む可能性が高いと思います。

いち髪を使ってから抜け毛が増えたという人も実は結構います。

髪の為を思っていち髪を選んだあなたの選択は、このコストのシャンプーの中ではベストだと思います。

しかし本気で髪の為を思ってシャンプーを選ぶのであれば、一度通販限定のシャンプーも選択肢に入れてはいかがでしょうか?

私が最もオススメしているシャンプーを一つ紹介させて頂きますね。

それは天然由来成分100%でつくられたオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」です。

こちらもいち髪と同じようにアミノ酸家シャンプーです。

もちろんノンシリコンなので安心して使用できます。

「ラウロイルメチルアラニンNa」という成分を主洗浄成分としており、これはシャンプーの洗浄成分の中で最も優秀と言ってよいのではないでしょうか。

低刺激・適切な洗浄力・頭皮に優しいと3拍子揃った高級成分です。

他にも髪や頭皮に優しい成分や美容成分がたっぷり配合されています。

通販のシャンプーを使ったことのないあなたも、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか!

ハーブガーデンについてもっと詳しく知りたい人は下のボタンから公式サイトをご覧ください!