Pocket

いち髪を使い始めてから抜け毛が気になるようになった・・・

このような声が非常に多いのでその理由を教えちゃいます!

いち髪は口コミや評判もよく、成分も市販のシャンプーにしては良いと言われていますね。

少しでもキレイな髪を目指していち髪を選ぶ人は非常に多いです。

「ノンシリコンなのになめらかな指通り」というキャッチフレーズなどに惹かれて選んだ人もいるかもしれませんね。

アミノ酸系シャンプーということで選んだ人も多いでしょう。

なのでドラッグストアで新しいシャンプーを探している時に、いち髪に目がいくのは自然なことと言えますね。

しかし一方でいち髪を使ってから抜け毛が増えたという人も非常に多くいます。

これらの理由をここではしっかり解説していきます!

いち髪がどんなシャンプーなのか、抜け毛の原因は何が考えられるのかをしっかり解説しますので、最後までしっかり読んでくださいね!

いち髪が抜け毛の原因となる理由?

いち髪はドラッグストアなので気軽に購入できるノンシリコンシャンプーで評判も良いので気軽に試せるのもポイントですね。

まずはそんないち髪の成分から抜け毛の原因を解説していきましょう!

いち髪なめらかスムースケアシャンプー成分一覧

水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸TEA、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、コメヌカエキス、コメエキス、ボタンエキス、ラカンセア/加水分解コメ発酵液、コメ胚芽油、サクラ葉エキス、ツバキ種子エキス、ヒオウギエキス、ムクロジエキス、塩化Na、クエン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、BG、エタノール、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

いち髪は

なめらかスムースケア

ふんわりボリュームケア

W保湿ケア

の3種類がありますが、実は洗浄成分は全て同じなのでここではスムースケアの成分を取り上げます。

美容成分は目的ごとに差がありますが、抜け毛の原因となる成分は特にありませんので割愛させて頂きます。

それではいち髪に配合されている成分を順に解説していきましょう!

ラウロイルサルコシンTEA・・・いち髪3種類全ての主な洗浄成分です。アミノ酸系の洗浄成分の中では洗浄力・刺激が強く、髪や頭皮に残りやすい特性もあるので、頭皮のかゆみや炎症の原因となる可能性もあります。

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン・・・ヤシの実などから作られる洗浄成分です。刺激が弱く泡立ちもそこそこな成分ですね。洗い上がりに髪がキシむのを防ぐ効果もあります。

コカミドメチルMEA・・・泡立ちを良くする成分です。ヘアワックスなどスタイリング剤のついた髪でもシャンプーがしっかり泡立ちます。しかしスタイリング剤を使っていない髪に使用すると泡が頭皮に付着し乾燥や炎症に繋がる場合もあります。

主成分の3つはこのような成分です。

「ラウロイルサルコシンTEA」「パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン」の成分の特徴はしっかり知っておくべきでしょう。

「ラウロイルサルコシンTEA」は洗い流しにくい成分なので、しっかり洗い流さないと頭皮や髪に残ってしまいます。

頭皮に洗浄成分が残ると皮膚が炎症を起こしてかゆみ、抜け毛の原因となります。

「コカミドメチルMEA」も泡立ちを良くする為の成分としてはあまりオススメはできませんね。

この成分自体には洗浄力はなく、刺激もないのですが、頭皮の水分を一緒に洗い流してしまう危険性があります。

これもまた抜け毛の原因となるでしょう。

さらに髪のキシみ改善や水分量を増やす成分も少ないので、シャンプーの時に髪がこすれて抜け毛に繋がるのです。

これらの要因でいち髪は抜け毛が増える場合があるのです。

いち髪のトリートメントが抜け毛の原因?

いち髪のトリートメントには実はあまり知られていない秘密があるのです。

まずは成分一覧をご覧ください。

いち髪なめらかスムースケアトリートメント成分一覧

 水、グリセリン、セテアリルアルコール、エチルヘキサン酸セチル、ジメチコン、パラフィン、ワセリン、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、ベヘニルPGトリモニウムクロリド、アモジメチコン、イノシトール、コメ胚芽油、サッカロミセス/コメヌカ発酵液エキス、クルミ種子油、サクラ葉エキス、ツバキエキス、ヒオウギエキス、コメヌカエキス、コメエキス、デキストリン、ステアルトリモニウムクロリド、ステアリルアルコール、セタノール、ベヘニルアルコール、ヒドロキシエチルセルロース、BG、エタノール、フェニルトリメチコン、(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマー、(C12-14)パレス-5、(C12-14)パレス-7、酢酸、乳酸、トコフェロール、フェノキシエタノール、サリチル酸Na、メチルパラベン、香料、カラメル

それでは同じように成分の解析をしてみましょう!

グリセリン・・・多くのシャンプーや化粧品に使われる体に優しい成分です。保湿効果もある有名な成分ですね。

セテアリルアルコール・・・名前にアルコールとありますが、安全性は高くエタノールとは全く違う成分です。口紅や日焼け止めなどに使われる粘度を上げる成分です。

エチルヘキサン酸セチル・・・乳液やクリームの伸びを良くする効果のある洗浄成分です。髪のダメージ補修効果もありますが、肌が弱い人が使うと頭皮の乾燥や肌荒れに繋がる場合もあります。

ジメチコン・・・シリコンのことです。いち髪のシャンプーは確かにノンシリコンシャンプーなのですが、トリートメントには実はシリコンが入っているのです。

いち髪=ノンシリコンというイメージがある人にとっては驚きかもしれませんが、トリートメントにはしっかりシリコンが入っているのです。

シャンプーがノンシリコンならトリートメントも当然同じだと思いますよね。

ノンシリコンだと思って使っていた人にとっては手痛い裏切りですね・・・。

しかもノンシリコンのシャンプーとシリコン入りのシャンプーの併用は髪のダメージを加速させます。

いち髪はノンシリコンシャンプーなのに髪の水分量を保つ成分が少ないです。

なので髪はダメージを修復できずにシリコンでコーティングされます。

これでは髪はどんどん細くなって抜け毛も増える一方・・・となるのです。

いち髪のトリートメントは抜け毛の大きな原因と言えるでしょう。

いち髪に代わる抜け毛対策シャンプー

いち髪で抜け毛が増える原因をまとめると

・洗浄成分による頭皮へのダメージ

・美容成分不足

・トリートメントに含まれるシリコン

となります。

なのでこれらを全て解決したシャンプーをお教えします!

それは天然成分100%のオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」です!

これは私が最も信頼しているシャンプーで

・非常に刺激の弱い洗浄成分

・たっぷりの美容成分

・シリコン・防腐剤等全て不使用

と至れりつくせりのシャンプーです。

いち髪で抜け毛が気になっているあなたにピッタリのシャンプーなので、一度試してみてはいかがでしょうか?