Pocket

アミノ酸系シャンプーは頭皮や髪に優しいと評判ですね。

しかしアミノ酸系シャンプーにしてから頭皮の臭いが気になる・・・という人も少なくありません。

その原因は何なのでしょうか?

ここではアミノ酸系シャンプーに変えてから頭皮が臭くなってしまう原因と、その改善方法をご紹介します!

最後までしっかり読んでくださいね!

アミノ酸系シャンプーにしてから頭皮が臭い!その原因は?

アミノ酸系シャンプーで頭皮が臭くなる原因はいくつか考えられます。

洗浄力の低すぎるシャンプーを選んでいる・・・アミノ酸系シャンプーでも洗浄力の強い・弱いはあります。その中で弱すぎるシャンプーだと頭皮の皮脂をしっかり落とせない可能性があります。髪や頭皮に皮脂が残ると頭皮の嫌なにおいの原因となります。

体質的に皮脂が多い・・・石油系や高級アルコール系のシャンプーは皮脂を全て落としきる程の洗浄力を持っています。なので体質的に皮脂が多い人はこれらのシャンプーではちょうど良かったのが、洗浄力が足りずに皮脂を洗い切れていない可能性がありますね。

洗いすぎて頭皮に傷がついている・・・頭皮のにおいが気になると頭皮をガシガシ洗いたくなりますよね。爪を立てて頭皮を洗うとスッキリしますが、頭皮に傷がついてしまうとそこから雑菌が発生しやすくなります。雑菌が頭皮に発生すると独特のにおいがしてきます。

あなたに合っていない・・・あなたの頭皮や体質に合っていないシャンプーだとどうしても臭いがしてしまいます。今のシャンプーが、あなたの頭皮に異変を起こす成分が何かした入っている可能性があります。

アミノ酸系シャンプーが原因として考えられるのはこれらの要因となります。

アミノ酸系シャンプーが頭皮や髪に優しいのは間違いないのですが、使い方や商品の性質、あなたの体質によっては頭皮から嫌な臭いが発生する場合もあるのです。

頭皮から嫌な臭いがする場合は別のアミノ酸系シャンプーにした方が良いかもしれませんね。

頭皮が臭くならないアミノ酸系シャンプー

上で説明したような理由を全てクリアしたシャンプーを選ぶことができれば頭皮の臭いは改善されるでしょう。

皮脂が多めの人もしっかり洗えて、頭皮のケアもしっかりできる、さらに多くの人が問題なく使用しているシャンプーがあれば理想ですよね。

そんなシャンプーが実はあるのです。

それは天然由来成分100%のオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」です!

このシャンプーはもちろんアミノ酸系シャンプーですが、名前の通り天然由来成分のみで出来ています。

化学薬品が使用されていないので体に合わないということが少ないのも特徴ですね。

「よもぎ」や「ローリエ」など頭皮の環境を守るハーブや、「ユズセラミド」や「アルガンオイル」などの美容成分が頭皮を健康に保ちます。

洗浄成分も「ラウロイルメチルアラニンNa」という成分を主成分としており、これは強すぎず弱すぎずと適切な洗浄力を持っていますので皮脂が多い人もしっかり洗い流せます。

非常に高価な成分なので市販のシャンプーではあまり使用されない成分ですね。

しかもハーブガーデンは「エイジングケア部門」や「ダメージケア部門」などで第一位を獲得しており、多くの人が愛用しています。

多くの人に愛されているということは万人受けしやすいということなので、あなたの体質にもきっと合うと思いますよ。

頭皮の環境保全を第一に考えられたハーブガーデンをあなたも試してみませんか?

アミノ酸系シャンプーで頭皮の臭いに悩んでいるあなたひピッタリのシャンプーです!

ハーブガーデンは下のボタンから行ける公式サイトにて販売中です。

お得なキャンペーンも行っていますので、ぜひ一度見てみてください!