Pocket

ヘアカラーの後は髪のダメージが気になりますよね。

髪を洗う時もゴワゴワした手触りでダメージを実感してしまいます。

それにせっかくなら色も長持ちさせたいですよね。

ここではヘアカラー後のダメージケアや色を長持ちさせる方法を紹介していきます!

ヘアカラーのダメージが気になる人は必見です。

最後までしっかり読んでくださいね!

ヘアカラーで髪がダメージを受ける原因

そもそもヘアカラーをするとどうして髪がダメージを受けるのかと言うと、色を入れる為に髪のキューティクルを破壊するからです。

髪のキューティクルを壊した後、髪のメラニンを脱色し、そこに新しい色を定着させる、というのがヘアカラーの仕組みなのです。

つまりヘアカラー直後は髪のキューティクルが壊され、何にも守られていない状態になっているという訳ですね。

髪のキューティクルが無くなっているのでヘアカラー後のシャンプーは苦労するのです。

いち早くキューティクルを補修することが髪のダメージ修復や、色持ちを長くさせるコツと言えますね。

ヘアカラー後のダメージケアにピッタリのシャンプー

ヘアカラー後の髪のキューティクルをいち早く補修する為には「ノンシリコンで、洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプー」がオススメです。

市販のシャンプーは実は洗浄力が非常に高く、トイレや食器用の洗剤と同じレベルの洗浄力なのです。

洗浄力が高いとキューティクルのない髪は余計ダメージを受けてしまいますし、色も落ちてしまいます。

また、どうしてノンシリコンシャンプーがオススメなのかというと、シリコンで髪をコーティングしてしまうと髪のダメージは修復されにくくなるからです。

シリコンは素早く髪の手触りをよくしてくれますが、ダメージを治している訳ではありません。

なのでシャンプーもトリートメントもノンシリコンのものが好ましいですね。

これらの要因を満たして、ヘアカラー後のダメージケアにピッタリなシャンプーは

天然由来成分100%のオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」です。

ハーブガーデンはノンシリコンのアミノ酸系シャンプーの中でも成分にこだわってつくられています。

洗浄成分は全て低刺激かつ、頭皮や髪に優しい成分を使用してありヘアカラー後の髪に適した洗浄力です。

ヒアルロン酸をはじめシロキクラゲ多糖体など保湿に優れた成分もふんだんに配合してあるので、キューティクルの剥がれた髪をしっかり保湿して髪を守ります。

コンディショナーは洗い流さないトリートメントとしても使えるだけでなく、頭皮マッサージにも使用できるのも大きな特徴です。

ヘアカラーでダメージを受けた頭皮もしっかりケアできますね。

ハーブガーデンはヘアカラー後のダメージケアにピッタリのシャンプーと言えるでしょう。

あなたもしっかり髪を補修してヘアカラーを長持ちさせちゃいましょう!

ハーブガーデンの購入は下のボタンから公式サイトにて行えます。

お得なキャンペーンも行っていますので、ぜひ一度見てみてください!