Pocket

朝起きて髪に寝癖がついていると、貴重な朝の時間を大きく奪われてしまいますね。

寝癖がついていなければ忙しい朝でもゆっくりできる時間が生まれ、ゆとりある一日を生み出すことができます。

ここでは寝癖がつく理由と、寝癖がつかなくなる方法を解説していきます!

最後までしっかり読んでゆとりある朝を迎えましょう!

寝癖がつかない方法!その前に寝癖がつく理由とは?

寝癖がつかない方法を知るには寝癖がつく理由をしっかり知る必要があります。

なので、まずは寝癖がつく理由を簡単に説明します。

寝癖は寝ている間に髪の形が変わり、固定されるとつきますよね。

髪は

濡れた状態

ダメージを受ている状態

この2つの状態だと形が変わりやすくなります。

髪は乾く時に形を記憶する性質があるので、生乾きの状態など髪に水分が残っていると寝癖がつきやすくなります。

暑い夜には寝ている間に汗をかき、水分が生まれるので寝癖の要因となります。

次にダメージを受けている髪はまっすぐ伸びにくく、水分も吸収しやすい状態にあります。

なので髪がしっかり乾きにくく、寝汗も吸い込みやすいので寝癖がつきやすくなります。

これらが寝癖がつく原因のほどんどと言ってよいでしょう。

寝癖がつかない方法解説!

原因が分かったところでそれらを改善する方法を考えていきましょう。

まず、「髪を濡れた状態にしない」というのは鉄則ですね。

髪が長い人は手間かもしれませんが、髪の根本や頭皮までしっかり乾かして水分を飛ばしましょう。

髪は長いほど寝癖がつきにくいので、しっかり乾かせば寝癖はかなり軽減できるはずです。

また寝ている間に出る汗の量を減らす為にも室温に気をつけましょう。

夏場などはエアコンを入れて寝ることをオススメします。

寝ている間エアコンを入れると体に悪いとも言われますが、近年夏場の気温は昔よりも高くなっているので、エアコンを入れずに寝ていると脱水症に繋がりますので適温になるよう使いましょう。

次に「髪のダメージケアを徹底すること」ですね。

髪のダメージを修復することで髪はまっすぐに育ち、くせがつきにくいコシのある髪になります。

髪のキューティクルがキレイになると余計な水分を髪が吸収しなくなります。

そうすることで髪は水分を適度に保ち寝癖がつきにくくなります。

寝癖がつかない方法まとめ!

寝癖がつく理由は

髪に水分が残ったり、汗を吸うことで形がかわりやすくなる

ダメージを受けている髪は水分を吸収しやすい

この2点なのでこれらに気をつけましょう。

ダメージを受けた髪が水分を吸収しやすい、というのは雨の日に髪がブワーっと広がるのを思い出してください。

あれは髪が水分を吸収し、膨張した結果なのです。

雨の日の広がりも気になる人は、特に髪のダメージケアをしっかり行いましょう!

最後に寝癖に悩まされている人にオススメのダメージケア商品をご紹介します。

天然由来成分100%のオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」です。

ハーブガーデンは髪に優しいアミノ酸系シャンプーなので、髪に余計なダメージを与えることなく洗い上げてくれます。

ヒアルロン酸のなど保湿成分が非常に多く含まれており、寝癖のつきやすい髪にしっかり水分を与えて、髪が余分な水分を吸収しにくくしてくれます。

コンディショナーは洗い流さないトリートメントとしても使用できるので、ダメージを蓄積してしまっている髪もしっかり補修できます。

ハーブガーデンは寝癖のつきにくい美しい髪をつくるのにピッタリなシャンプーと言えます。

あなたも寝癖を直す時間をなくして、余裕のある朝を迎えましょう!

ハーブガーデンの詳しい情報や、購入方法などは下のボタンから公式サイトにてご確認ください。