Pocket

ここでは正しいシャンプーの選び方を解説します。

「オススメのシャンプーはこれ!」

「こういったシャンプーは絶対ダメ!」

と言うのは簡単ですが、ここではあえてそういった表現はしません。

インターネットの普及により簡単に様々な情報が手に入る今の世の中だからこそ、あなた自身が正しい情報を見極める必要があります。

真偽の見極め方の参考になればと思い、ここでは私なりのシャンプーの選び方を解説します。

なので、ここに書いてることを全て信じる必要もありません。

あなたが正しいと思える情報だけを精査していきましょう。

少し長くなりますが、しっかり読んで頂きたい内容となっております。

正しいシャンプーの選び方①○○に騙されない!

私自身シャンプーについて調べることがが好きなので、色々なシャンプーについて調べる機会は多いです。

そこで必ず目にするキーワードが

元プロ

現役美容師(顔も店名も載せていない)

です。

以前は美容師だった、または現役美容師である、という人による解説が多すぎるのです。

個人的な見解ですが、これらの中で半分以上の人は何でもない人だと思っています。

自分の身分を美容師とすると、話の説得力は段違いですね。

なので「元プロ」や「顔も店名も出していない現役美容師」の言うことを鵜呑みにするのは止めましょう。

もちろんこれらの表現を使っている人の全員が嘘つきであり、正しいことを言っていないとは思いません。

しかし「元プロが言うのであれば正しいのだろう」という考え方は非常に危険です。

「元プロ」「現役美容師」など肩書きに誘惑されず、しっかりあなたの頭で考えて、情報が正しいのかを見極めましょう。

正しいシャンプーの選び方②成分について

高級アルコール系と呼ばれる成分で有名なのが

ラウリル硫酸Na

ラウレス硫酸Na

ですね。

シャンプーの良しあしを話す際に、まずこれらの成分を否定することから始めることが多いほど有名な成分です。

しかしこれらの成分は、非常に多くの市販シャンプーに使われている成分です。

なので「これらの成分=悪」という考え方は控えた方がよいでしょう。

確かにオススメは全くできない成分ではありますが、ちゃんとメリットもある成分です。

ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naのメリットは

・安価な成分なので商品の金額が下がる

・洗浄力が必要以上に強いので、油っぽい人でもしっかり洗える

この2点です。

洗浄力が非常に強いので、髪や頭皮に悩みがある人は使用を控えた方が良いと思います。

しかしこれまで市販のシャンプーで満足していた人には、無理におびえる必要のない成分と言えます。

ただし、ここでは正しいシャンプーの選び方をお伝えする為に、1つ覚えておいて欲しいことがあります。

ラウリル硫酸Naはできれば避けたい

ラウレス硫酸Naは洗浄力が高すぎること以外は問題ない

ということです。

ラウリル硫酸Naは成分の分子が小さいので、頭皮に浸透しやすくなっています。

一部で発がん性があると言われますが、それはないでしょう。

しかし頭皮に洗剤が浸透して、良いことがある訳がありませんよね。

その問題点を解決したのがラウレス硫酸Naなのです。

なので市販のシャンプーを選ぶ際も、ラウリル硫酸Naが入ったシャンプーは控えるのが正しいでしょう。

シャンプーの正しい選び方③シャンプーの種類について

ここは簡単に紹介させて頂きますね。

高級アルコール系・・・洗浄力が必要以上に高いので「良いシャンプー」を求めるのであれば、基本的に控えましょう。そのシャンプーに求めている効果や成分があり、頭皮が弱くない場合は選んでも良いと思います。

せっけん系・・・自然に優しい成分ですが、洗浄力は高いです。石鹸カスと呼ばれる白いカスが髪に付着しやすかったり、最初は頭皮に異変が起こりやすかったりと、取扱いの難しいシャンプーです。正直選ぶメリットが少ないかなと思っています。

アミノ酸系・・・近年オススメされている種類ですね。洗浄力が適切で、髪や頭皮と同じアミノ酸で作られているので体に優しいのが特徴です。「良いシャンプー」を求めるのであれば、アミノ酸系を選択するべきと言えるでしょう。

これらは全て私個人の意見ですので、あなたがせっけん系シャンプーでお気に入りの物があるのであれば、それを否定するつもりはありません。

「良いシャンプー=あなたに適したシャンプー」なので、あなた自身が良いと思うものを使用するのが一番ですね。

正しいシャンプーの選び方④まとめ

長くなりましたが、私の意見をまとめると

○「元プロ」「(店名も載せない)現役美容師」という言葉に惑わされない

○ラウレス硫酸Naは悪ではないが、控えるのがベター

○ラウリル硫酸Naは避けたい

○アミノ酸系シャンプーがオススメ

ということになります。

あくまでこれらは私の意見であり、最初に述べたようにあなた自身がこれらを正しいかどうか判断する必要があります。

周りに流されず自分で判断する

これが正しいシャンプーの選び方だと思います。

あなた自身が納得できるシャンプーが見つかることを願っています!


※私が個人的にオススメしているシャンプーはここには載せません。興味のある方は当ホームページのトップページにありますので、そちらを見てみてください。