Pocket

びまん性脱毛症は女性に多く見られる症状ですね。

髪の量が全体的に少なくなる症状のことを指し、年齢を重ねるにつれ症状が出始めるとされています。

しかし近年この症状は20代や30代の女性にも見られるようになりました。

女性にとって髪は非常に重要です。

髪の量が減るのは大問題と言ってよいでしょう。

なのでここでは20代や30代の女性がびまん性脱毛症になる原因と、その対策方法を教えちゃいます!

最後までしっかり読んで下さいね!

20代・30代がびまん性脱毛症になる理由

びまん性脱毛症になる原因はいくつかありますので、順に見ていきましょう。

女性ホルモンの減少・・・女性ホルモンには髪を成長させるものがあります。年齢と共に女性ホルモンは減少していくので高齢になってくると髪の量が減ってきます。20代や30代で女性ホルモンが減少する理由としては仕事のストレス、睡眠不足、出産などが考えられますね。

ダイエット・・・髪はタンパク質でできています。ダイエットでタンパク質を十分に摂取できないと髪の材料となる栄養がなくなるので髪の量は減りますね。また、コンビニなどで食事を済ませる場合はビタミンなどの栄養が不足してしまいます。ビタミンやミネラルなどは髪に必須の栄養なので無理なダイエットは禁物ですよ。

頭皮環境の悪化・・・ヘアカラーやパーマなどの普及で近年女性の頭皮は大きなダメージを受けやすくなっています。食生活の変化と同じように近代の生活の変化により若いうちからびまん性脱毛症になる女性が増えています。

シャンプーの成分・・・市販の強すぎる洗浄成分は髪や頭皮にダメージを与える可能性があります。頭皮の必要な油分を洗い流してしまうと頭皮は乾燥してさらに脂質を分泌します。そうすると頭皮環境はどんどん悪化して新しい髪が生まれなくなります。

これらの近代の生活の変化により女性の頭皮やホルモンバランスは悪化しやすくなっています。

びまん性脱毛症は20代や30代でも起こりうるのでしっかり対策する必要があります。

20代・30代から始めるびまん性脱毛症対策「生活の見直し」

びまん性脱毛症の対策は早いに越したことはありません。

ダイエットをすることは悪いことではありませんが、栄養はしっかり摂取しましょう。

びまん性脱毛症の対策となる食品として豆乳が挙げられます。

豆乳はタンパク質も豊富ですし、「大豆イソフラボン」は体内で女性ホルモンと似た働きをしてくれます。

ホルモンバランスの乱れと栄養不足の一部を同時に解決してくれる食品ですね。

もちろん美容にも良いので習慣的に飲んでみてはいかがでしょうか?

また、睡眠不足も頭皮に悪影響を与えるのでしっかり睡眠を取りましょう。

健康的な生活がびまん性脱毛症改善の基本ですよ!

20代・30代から始めるびまん性脱毛症対策「シャンプーの見直し」

洗浄力や刺激の強いシャンプーは頭皮に悪影響を与えかねません。

びまん性脱毛症対策のシャンプーには

洗浄力がマイルドなノンシリコンシャンプー

を選ぶ必要があります。

どうしてシリコン入りのシャンプーがダメなのかというと、髪をシリコンでコーティングしてしまうとしっかり髪に栄養が行きわたらないからです。

食事からだけでなく、シャンプーからも髪に栄養を与えることで髪はボリュームを増します。

髪にしっかり栄養を与え、びまん性脱毛症の対策となるシャンプーは

天然由来成分100%のオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」です。

ハーブガーデンはノンシリコンのアミノ酸系シャンプーなので髪や頭皮を優しく洗い上げます。

ヒアルロン酸やシロキクラゲ多糖体、ユズセラミドなどの保湿効果が非常に高い成分をたくさん配合してあるので、髪をしっかる潤しボリュームを出すことができます。

またコンディショナーは洗い流さないトリートメントとしても使用できるので頭皮にもしっかり栄養を与えることができますね。

しっかりコシのある髪をつくり、頭皮環境を改善できるシャンプーなので、びまん性脱毛症の対策となるシャンプーと言えますね。

アルガンオイルに含まれるビタミンEや、フルボ酸など髪に必要な栄養素もたくさん配合してあります。

豆乳などの食事からと、シャンプーからの栄養で髪と頭皮に栄養を与えましょう!

「まだ若いから大丈夫」と思う前に早めの対策を始めませんか?

ハーブガーデンは下のボタンから公式サイトにて購入できます。

お得なキャンペーンも行っていますので、ぜひ一度詳しく見てみてください!