Pocket

守り髪はリピート率も非常に高く評価の高いシャンプーです。

数少ない自信を持ってオススメできるシャンプーなのは間違いないのですが、あまり良い評判ばかりだと逆に疑いたくなりますよね。

守り髪には普段あまり触れられない悪い点が多少あります。

なのでここでは守り髪の良い点はもちろんですが、悪い点も包み隠さずお教えします!

悪い点をあなた自身の目でしっかり判断し、購入の判断材料にしてください!

最後までしっかり読んで守り髪の正しい知識を身につけましょう!

※守り髪の公式サイトはコチラ!

美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

守り髪の評価!悪い点

では早速守り髪の悪い点評価からしっかり見てみましょう。

守り髪の悪い点は

洗浄力(刺激)の強い成分が入っている

価格が少し高い

この2点が最大のポイントです。

シャンプーにおいて「洗浄力=刺激」なので洗浄力の高い成分=刺激も強い成分となります。

守り髪の洗浄力は「市販のシャンプー>>守り髪>アミノ酸系シャンプー」といった具合です。

市販のシャンプーで問題が起きたことのない人はよっぽど心配することはないのですが、シャンプー界ではよくないとされる成分も入っています。

それがオレフィン(C14-16)スルホン酸Naという成分です。

ヤシの油から作られる成分で泡立ちが非常に良い反面刺激も強くなっています。

市販のシャンプーによく使われるラウリル硫酸Naと比べれば刺激は弱い成分なのですが、気になる人はいるかと思います。

ここは見逃せない守り髪の悪い評価ポイントですね。

その次に価格が高いという問題です。

守り髪はシャンプートリートメントそれぞれ1つ2,800円程です。

通販限定のシャンプーとしては平均的な金額ではありますが、市販の物と比べるとやはり高く見えますよね。

さらに一般店舗で販売されていないのもハードルが高いポイントとなります。

ドラッグストアなどで普段シャンプーを購入する人にとってはかなり悪い評価となる点ですね。

こうして見てみると「守り髪は価格が高いのに刺激の強い成分を使っている悪いシャンプー」のように見えます。

しかし守り髪は最初に言った通り私が自信を持ってオススメできる数少ないシャンプーです。

これらを上回るメリットがあるということですね。

次にそれらを見ていきましょう!

守り髪の評価!良い点

守り髪の良い評価ポイントをまとめると

刺激の強い成分以上に刺激の弱い成分が入っている

ノンシリコンでもキシまない

髪のダメージ修復が非常に早い

ダメージに負けない髪になる

となります。

「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」が刺激の強い成分ということは説明した通り事実です。

しかし守り髪にはその他にコカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEAという成分を主洗浄成分としています。

これらの成分は刺激が弱いアミノ酸系シャンプーに使われる成分で、刺激が非常に弱いのが特徴です。

これらの成分を合わせて使うことにより刺激を和らげ、泡立ちの良さを最大限活かすよう配合されています。

次にノンシリコンでもキシまない、髪のダメージ修復が非常に早いという点です。

守り髪はナノリペアー成分という、髪のダメージを見つけ重点的に修復する成分が含まれています。

これにより早い段階で髪のダメージを修復し、しっかり潤りを与えることでノンシリコンでもキシまない髪となります。

ダメージ修復が早かったり、ノンシリコンなのにキシまないのは市販のノンシリコンシャンプーにはない大きな特徴ですね!

最後にダメージに負けない髪になるポイントです。

髪は紫外線により大きなダメージを毎日受けます。

なので守り髪は紫外線に負けない為にシアバター、シルクなどを配合し、コシのある紫外線に負けない髪をつくります。

髪を肌と同じように考える守り髪ならではの特徴ですね。

髪も肌と同じで紫外線は天敵なのです。

守り髪の評価!総括

いかがでしたでしょうか?

守り髪は確かに悪い部分もありますが、総じて見ると非常に評価の高いシャンプーだと私は考えます。

刺激の強い成分が入っているシャンプーは絶対に嫌!という人は、もちろん居るでしょう。

そういった人には残念ながら守り髪はオススメできません。

しかし市販のシャンプーで刺激が強いと思ったことのない人には安心してオススメできるシャンプーと言えます!

守り髪にはあなたがこれまで使ったことのないような美容成分がたっぷり配合されています。

ダメージ修復の早さや紫外線対策など他にはない利点がたくさんあるシャンプーです。

ノンシリコンに裏切られたことのある人にこそオススメしたいシャンプーですね。

あなたも早めのダメージケアを始めませんか?

守り髪の購入は下のボタンから公式サイトにて行えます!

もっと詳しく知りたい人もぜひ一度見てみて下さい!